2011/08/16

自作Sanguino

自作Arduinoの兄貴分?にあたる、Sanguinoを作ってみました。

sanguino.cc

Sanguinoとは@マイクロファン ラボ

SanguinoとArduinoの違いは、下記の通りです
(公式のものを翻訳しました)

・atmega644Pを使用しています。
・合計で32本のIOピンがあります。
・8本のアナログ入力ピンがあります。
・6本のPWM対応ピンがあります。
・64KBのフラッシュメモリーを利用できます。
・4KBのRAMがあります。
・2KBのEEPROMがあります。
・ブレッドボードで作れます。
・100%オープンソースです。

ブレッドボードにICや水晶振動子を取り付けた後、ブートローダーを書き込もうとしましたが、AVR ISP MkIIがUbuntuで認識されていないようです。

いろいろと探してみたところ、ここに解決策がありました。

AVR ISP MkIIをUbuntu11.04で使用する方法;
1./etc/udev/avrisp.rules を作成します。
2.avrisp.rules内に、以下のように記載します。

SUBSYSTEM!="usb_device", ACTION!="add", GOTO="avrisp_end"

# Atmel Corp. JTAG ICE mkII
ATTR{idVendor}=="03eb", SYSFS{idProduct}=="2103", MODE="660", GROUP="dialout"
# Atmel Corp. AVRISP mkII
ATTR{idVendor}=="03eb", SYSFS{idProduct}=="2104", MODE="660", GROUP="dialout"
# Atmel Corp. Dragon
ATTR{idVendor}=="03eb", SYSFS{idProduct}=="2107", MODE="660", GROUP="dialout"


LABEL="avrisp_end"


3.保存した後は、下記コマンドを実行します。

cd /etc/udev/rules.d
sudo ln ../avrisp.rules 60-avrisp.rules
groups
Restart udev
sudo restart service udev


4.念のため再起動しておきます。



これでAVR ISP MkIIが使えるようになったので、次はブートローダーの書き込みです。
Burning the Sanguino Bootloader@replapwiki

上記のサイトにあるように、下記コマンドを実行すると書き込みができます。


wget http://sanguino.googlecode.com/files/Sanguino-0018r1_1_4.zip
unzip Sanguino*zip
sudo avrdude -patmega644P -cavrispmkII -Pusb -U flash:w:Sanguino/bootloaders/atmega644p/ATmegaBOOT_644P.hex


Sanguinoのブートローダーが書き込めたので、次にArduinoのソフトのほうでスケッチを書き込めるようにします。

参考にしたのは下記ページ。
Software For Linux@sanguino.cc

1.googleCodeからSanguinoのファイルをダウンロードして展開します。
2.ArduinoのHardwareフォルダに放り込みます。(私はapt-getからArduinoをインストールしたので、/usr/share/arduino/hardware/ に放り込みました)
3.Ubuntuの場合は、board.txtを若干修正する必要があります。

     sanguino.upload=stk500
    を
    sanguino.upload=arduino

そのあと、Arduinoを再起動すればOKです。

Sanguino


今はまだそんなにIOピンが必要な訳ではないんですが、とりあえず作ってみました。
Arduino用のラベルが便利だったので、Sanguino用のラベルも作りました。
ラベルは別館に保存してますので、ご自由にどうぞ。

ではまた。


0 件のコメント:

コメントを投稿